読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Book Impressions 【使命と魂のリミット】 東野圭吾

作品名:使命を魂のリミット

著者:東野圭吾

 

f:id:pecochen:20161126083556j:plain

2006年12月に新潮社により刊行された。

 

「医療ミスを公表しなければ病院を破壊する」突然の脅迫状に揺れる帝都大学病院。「隠された医療ミスなどない」と断言する心臓血管外科の権威・西園教授。しかし、研修医・氷室夕紀は、その言葉を鵜呑みにできなかった。西園が執刀した手術で帰らぬ人となった彼女の父は、意図的に死に至らしめられたのではという疑念を抱いていたからだ…。

あの日、手術室で何があったのか?今日、何が起こるのか?大病院を前代未聞の危機が襲う。 

 

2011年11月に吉田紀子さん脚本のもと、土曜ドラマスペシャルにて放送せれた大作である。

主人公の研修医を石原さとみさん。指導教授役に舘ひろしさん速水もこみちさん、倉科カナさん 

ほか、 豪華な顔ぶれが揃った。

ドラマでは、かつてないほどに本格的な心臓外科手術シーンにもご注目される。

 

感想

ドラマにもなったことからも感じるように、

この物語は単にスリルあるミステリーではなく感動要素も強い。

読み終わったときには、心の中がポッと優しく包み込まれた。

 

ちょうどこの小説を読む前に、父親と電話でこんな話をしていた。

「この世に生まれるときに、人間は神様から使命を与えられていると思う。」

なぜこんなシリアスな会話になったかは覚えてないが…。

 

父親いわく自分の使命は「人のために尽くす」ことだといっていた。

 

その後、この小説を読んで心に思ったことは、

結局のところ人間は「人のために役に立つ」ことが使命となるんだと。

 

「人のために役に立つ」ということがどんな職業や方法にしても、

その気持ち・行動があれば使命を真っ当しているといっていいのではないか。

 

小説で人生を考えさせられる、なんて面白いんだろう。

 

 

使命と魂のリミット (角川文庫)

使命と魂のリミット (角川文庫)

 

 

 

使命と魂のリミット [DVD]

使命と魂のリミット [DVD]